書きたいだけ

病んだの人間の雑記

キッチン 吉本ばなな

 

これも、何度か読んだ本

最初はいつだろう、中学生だろうか

何回か読んだあの本を、あの人にあげた。

懐かしい

何回か読んだのに、手元を離れてさらにまた読みたくなる

でも、本当に久々に読んだ気がする

何年ぶりだろう

帚木さんの、閉鎖病棟が大好きだった

けど、今年久々に読んだら、違うかった

それは私が、私の何もかもが変わってしまったから

だけど、キッチンは何だろう、前より好きになってしまった

キッチン、満月ーキッチンー、ムーンライトシャドウ

全部、この三つがなんか揃って完璧。

主人公の女の子の可哀想な、しっかりしてそうなそれでいて全てが脆弱なところも

この本に出てくる男性が全てかっこよくて優しいところも

短い話なのに、色んなところが、というか私がほしい部分が

細かく書いてあって、読みやすいし、そういう表現なのかと感心

キッチンって、デビュー作なのね、知らなかった

すごいなー

吉本ばななさんって、全然、2〜3冊しか読んだことなくて、何にも知らないの

だけど

キッチンはもーねーいつ読んでもなんか、いい感じの気分にされる

安心する

きっとまた何年も読まずに久々に読むんだろうなあ

取っておかなきゃ

 

 

広告を非表示にする